公開履歴
パソコンの前に笑顔の男性

SEO対策を行う際には代表的な検索エンジンであるGoogleの性質を理解しておくことが重要となります。Googleではフレッド・アップデートが実施されました。フレッド・アップデートとは2017年3月10日に起きたGoogleの非公式のアップデートのことを言います。このアップデートでは、広告を重視する価値の低いコンテンツへの制裁を対象としたアルゴリズムアップデートとなっています。その結果、広告によって収益を上げているサイトは強い影響を受けることになりました。広告ばかりを充実させるのではなく、内容が詰まっているサイトを作り出すことが重要といえるでしょう。

Googleではペンギン・アップデートを行っています。このペンギン・アップデートではSEOスパムや低品質なリンクを対象とし、Googleのアルゴリズムアップデートが実施されました。ガイドライン違反者については様々なペナルティが課されています。

Googleではパンダ・アップデートも実施されました。パンダアップデートでは低品質なホームページの検索が下位になってしまうことが増えたとされます。いずれにしてもユーザーファーストを実現するために行われています。ユーザーファーストが実現されると、実際に検索してサイトを探す方にとって一層便利になります。検索上位表示は多くのサイトが目指していることでもあります。アップデートによって上位に表示されるための条件が大きく変わります。ユーザーニーズを押さえているサイトが上位にいくように、アルゴリズムがアップデートされる仕組みになっています。ユーザーニーズは時代に合わせて変わるので、アルゴリズムも変化するということになります。

どの検索キーワードで検索を行ったかによってコンテンツの表示のされ方が変わることもあります。アルゴリズムが変わると同じ検索キーワードでも表示されるコンテンツに変化が訪れることも想定されます。Googleを利用するときにはそのことを理解しておくことが大切です。検索結果にどう表示されるかによって、アクセス数が大きく変動することがあります。

SEO対策という点でも検索結果の重要性が高くなっています。それまでSEO対策に有効となっていたことが、Googleのアルゴリズムの変化によって変わることも少なくありません。そのこともSEO対策をする上で重要となっていることの1つであり、欠かせないポイントでもあります。パンダ・アップデートなどはこれからも行われるかもしれません。それらに対策を行うことが重要となっています。対策はアップデートの内容によって変わることもあります。